・・・・・・・・・・・・・・
PACHINKO104
機種情報
・・・・・・・・・・・・・・
CRナナシーゲットF
豊丸産業

2005年02月
・・・・・・・・・・・・・・
《ショートカット》

予告演出
リーチアクション
・・・・・・・・・・・・・・
《スペック》

種別
一般電役
大当たり確率
1/143(コイン図柄)
1/146(ゲット図柄)
確率変動
なし
賞球数
3&10&15
平均出玉
約1800個
大当たり
上下段で各3つ揃い
時短
なし
・・・・・・・・・・・・・・
《ボーダーライン》

■2.5円 → 23回/千円
■4.0円 → 19回/千円
※無制限の場合の目安
・・・・・・・・・・・・・・
《ポイント》

●1996年に登場した初代[ナナシー]が2004年新規則機として復活
●3代目となる今回は、大当たり消化中に再度大当たりした場合、出玉をまるまる獲得できる[まるまる得するシステム]搭載
●2005年04月04日設置開始
・・・・・・・・・・・・・・
《大当たりの流れ》

@液晶下部中央の[S]スタートチャッカー入賞でコイン図柄が変動(大当たり確率:1/143)
A上下段にそれぞれ同図柄が[3つ揃い]すれば大当たり(上下段で図柄の種類が異なってもOK)
B大当たり後[右打ち]し、黄色の[NANA電チュー]に玉を4個以上入賞させる
C中央の赤[SEVEN電チュー]と[アタッカー]が交互に開閉するので、右打ちのまま消化し出玉を獲得

<連荘の流れ>
右打ちで大当たり消化中、液晶右側の[G]ゲットチャッカーに入賞すると下段コイン図柄の下の[ゲット図柄]が変動。大当たり確率1/146で抽選され、大当たりすれば効果音と共に液晶上部の[Gランプ]が点灯し連荘確定を告知する
大当たりが確定するとゲット図柄のリーチが継続し、大当たり終了後に図柄が揃い、再び大当たりがスタートする。(ゲット図柄での大当たり時は、青の[DOLLAR電チュー]に玉を4個以上入賞させる)
※大当たりしたら右打ちし、連荘しても右打ちを継続していれば出玉を獲得できる

<まる得システム>
以前の一般電役では大当たり消化中に再度大当たりした場合、その時点で大当たりスタートとなっていた為、再度大当たりした時点までの出玉+大当たり1回分の出玉しか獲得することができなかったが、今回搭載された[まるまる得するシステム]により、連荘した分の大当たりを一旦大当たり終了後までストックでき、まるまる出玉を獲得できるようになった
・・・・・・・・・・・・・・
《予告演出》

ちびコイン予告
デジタル回転中[ちびコイン]が通過すれば、リーチのチャンス

コイン群予告
デジタル回転中[チビコイン群]が通過すれば、信頼度大幅UP
※チビコイン群の色が[]なら激アツ

手足予告
デジタル回転中、コイン図柄に[手足]が出現すれば、リーチのチャンス

緑背景予告
デジタル回転中、背景が[緑色]に変化。リーチ確定+激アツ

背景コイン予告
デジタル回転中、背景に[コイン群]が出現。リーチ確定+激アツ
・・・・・・・・・・・・・・
《リーチアクション》

ノーマルリーチ★1
期待度低い

コインくんリーチ★1
上段のコイン図柄に手足が出現
※コインくんの動きで期待度が変化する模様

ボタン演出★3
下段テンパイ時発生のチャンス。ボタンを押して[爆発]が起きれば[全回転リーチ]へ発展

前転リーチ★4
下段テンパイ時、コインが[前転]したら期待度激高

全回転リーチ★5
初代からのお馴染みリーチ。大当たり確定
・・・・・・・・・・・・・・
CRナナシーゲットF
・・・・・・・・・・・・・・
(C)TOYOMARU

HOME

(C)PACHINKO104